株式会社 セイルボート ホームニュース ≫ 賃貸入居申込書に関する仲介会社の実態調査結果を公開

ニュース

2017.10.30
賃貸入居申込書に関する仲介会社の実態調査結果を公開
 
賃貸入居申込書に関する仲介会社の実態調査結果を公開
〜申込業務における仲介会社と管理会社間の主なやり取りの9割にFAXが利用されており、申込業務における業務効率化(IT化)は遅れている。〜
https://www.dreamnews.jp/press/0000162680/

国内初の不動産賃貸業務に特化した電子申込顧客管理ツール「キマRoom! Sign(キマルームサイン)」を提供する株式会社セイルボートは、賃貸入居申込書に関する仲介会社の実態調査結果を2017年10月30日に公開しました。 調査の結果、賃貸業務のIT化は進んできているものの、申込業務におけるIT化は全く果たされてないという結果が明らかになりました。

・調査日
 2017年9月5日〜12日
・調査方法
 インターネットよるアンケート調査
・調査対象
 不動産賃貸会社(仲介会社・管理仲介会社)の仲介営業担当
・サンプル数・対象エリア
 113人(首都圏60人・ほかエリア53人)

※本調査に関する詳しい分析レポートはこちらをご覧ください。下記以外の申込業務一連の調査を行っています。
https://intro.kimaroom.jp/sign/pdf/20171030-survey.pdf